富山県砺波市の地元の呉服店

きものを誂えたり、染め替えたり、しみ抜きや洗い張りを行う仕事を古くより「悉皆(しっかい)」と言います。呉服に関わる方以外の方からすると聞きなれない言葉かと思います。
一人ひとりの好みと寸法にあった、きものを誂える職人技術が分業であるため、きもの状態に合わせて職人を選び、適した作業に結びつけることが、現代の呉服店の重要な役割となつかと思います。
当店では、日本の誇るべき素晴らしい伝統産業を、もっと身近に感じていただくよう分かりやすくご説明、見積もり後、作業に移らせていただきます。
何卒、お気軽にご相談いただきますようお待ちしております。

【寺島呉服店blog】
日々の出来事、感じた事・お知らせをブログでも綴っています。
←是非、のぞいてみてください。

 

 

お知らせ

ゴールデンウィーク 2019新作振袖展

2019新作振袖展 和装小物&髪飾り展 日時 4月28日(土)~5月5日(土) 場所 弊 店  新作振袖が、京 …

2019 振袖常時展示中

随時新柄の振袖が入荷しており。常時振袖展を開催しております。 お客様のお考えに合わせて、3つのプランからご提案 …

きもの着方教室をはじめました

きものが自分で着られるように・・ 「日本の文化」の代名詞でもあるきものをもっと日常的に感じていただきたく きも …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.