富山県砺波市の地元の呉服店

和装小物

  • HOME »
  • 和装小物

きものを着るのに必要な「和装小物」

帯締め

和装の「要」となる帯締め。留袖の正礼装の場合は、白に金糸。
訪問着、付下げなどの略礼装の場合は、様々な色合いに金糸。
小紋、紬などの普段着の場合は、金糸のはいらないタイプ。
振袖の場合は、装飾の入った丸組、存在感のある太い平織り。
など、装いに応じて結ぶ帯締めが変わります。

おびじめ

帯揚げ

ミセスがお召しになるきものでは、帯に隠れて目立つ小物ではありませんが、全体の装いの色のバランスの要となります。
留袖の場合は、白地。その他のきものは、TPOに合わせて自由です。
種類も、刺繍、絞り、縫取り、染めの物と様々です。
DSC_0129

草履

洋装では、「おしゃれは、足元から」という言葉がありますが、靴はファッションアイテムの中でも一番重要だと言っても過言ではありません。
和装でも、一緒だと思います。TPOに応じた草履を履くことにより、装いのセンスが決ります。
現在は草履や下駄を履きなれてない方が多いと思いますので、「履きやすい草履」を提案しております。
花緒挿げ師

 

お気軽にお問合せください。 TEL 0763-32-2614 営業時間 9:00~19:30
定休日 毎週水曜日

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.